2018年03月16日更新

ED治療薬の最終兵器ステンドラとは?

「ステンドラ」は今まで製造・販売されてきたED治療薬のデメリットを解消した、最強のED治療薬として注目を集めています。

このED治療薬に含まれている有効成分「アバナフィル」は元々、日本医薬品メーカーがED治療薬として開発を進めてきました。
そしてアメリカの医薬品メーカーへと譲渡され、2012年にアメリカ食品医薬品局の承認を受け、ED治療薬として製造・販売がスタートした薬です。

色々なED治療薬がありますが、なぜステンドラが最強の薬と言われているのかというと、「即効性」と「食事の影響を受け難い」・「副作用が起こり難い」という点が挙げられます。
ステンドラは個人差があるものの服用後約15分で効果を自覚できるようになります。

すぐに効果が出始めるED治療薬なので、服用するタイミングを見計らうのが簡単です。
性行為を行う約30分前程度に服用しておけば、スムーズに夜の営みを行えます。
また持続時間も長めなのがステンドラの特徴です。服用してから約6時間の持続時間があると言われています。
アバナフィルの効果が発揮される持続時間内であれば、男性器の勃起を補助する働きが現れます。

空腹時に服用しなければ有効成分の吸収率が落ちてしまい、思うような効果を得られないED治療薬がある中で、ステンドラは食事の影響を受け難い点も最強のED治療薬と言われている由縁です。
空腹時に服用しなくても効き目を感じられるので、デートの途中で食事をしてから服用したいという場合も、問題なく活用する事が出来ます。

そして、何より魅力的なのは副作用が起こるリスクが少ないという点です。
ステンドラの場合、服用した方の約1割に副作用が起こるというデータがあります。
逆に言えば服用しても約90%の確率で、副作用が起こる事はありません。
これだけ副作用が起こり難いED治療薬ですので、安心してチャレンジ出来るでしょう。

即効性の高さや食事の影響を受け難いなど手軽に服用出来る、副作用が起こるリスクが少ないという事からステンドラはED治療薬の最終兵器という異名もついています。

ステンドラのジェネリック医薬品とは?

即効性がある・食事の影響を受け難い・副作用が起こる事が少ないと、3拍子メリットが揃っているステンドラは人気のED治療薬です。
このED治療薬はアメリカの医薬品メーカーが、製造・販売しています。
先発医薬品ですが今は他の国で製造されている、ステンドラのジェネリック医薬品も購入できるようになっています。

ステンドラのジェネリック医薬品として有名なのが「アバナ」です。
アバナはインドの医薬品メーカーが製造・販売を手掛けているジェネリック医薬品となっています。
ジェネリック医薬品と聞くと先発医薬品よりも効果・効能が落ちる、含まれている有効成分の含有量に違いがあるのではと不安を感じるかもしれません。

ステンドラの場合、有効成分としてアバナフィルが含まれていますが、アバナにも同じアバナフィルが有効成分として使われています。
含まれているアバナフィルの含有量もステンドラ・アバナに違いはなく、50mg・100mg・200mgが製造されています。
同じ有効成分が使われて、含有量にも違いが無いのでステンドラのジェネリック医薬品となるアバナでも、性行為をサポートする効果も同等です。

服用するタイミングも同じで、性行為の約30分前に服用するようにしましょう。
1日の服用回数は1回で、1度服用したら約24時間開けなければいけないのも、ステンドラとアバナは同じです。
ただ、ステンドラとアバナは見た目に違いがあります。ステンドラの錠剤は白色ですが、アバナは赤い色です。

ジェネリック医薬品の方が価格はリーズナブルなので、出来るだけ費用を抑えてEDを解消したいという場合、先発医薬品のステンドラと同じ有効成分を配合しているアバナを活用してみるのも良いでしょう。

関連記事

このサイトの情報

カマグラゴールドって知っていますか?カマグラゴールドはバイアグラのジェネリックであり、先発医薬品よりもはるかに安いED治療薬となっています。こちらではカマグラゴールドについて詳しくご紹介していきます。また、ED治療薬にも色々と種類がありますので、カマグラゴールドが効かない方はご紹介していく薬を試されるとよろしいでしょう。

フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード