2018年03月01日更新

シアリスでだめならレビトラでリベンジだ!

EDで悩んでいる男性は国内に1000万人以上いるというデータもあります。
男性にとって身近な悩みであるEDですが、今はクリニックの治療で解消出来る時代です。
服用するだけで勃起力をサポートしてくれる、ED治療薬での治療が主流となっています。

ただ、ED治療薬を服用したのにも関わらず、思ったような効果を得られなかった…というケースも少なくないようです。
ED治療薬に含まれる有効成分は各薬によって違います。もし服用しても効かないと感じた場合は、他のED治療薬にチェンジしてみてはいかがでしょう。
即効性の高さが魅力の「レビトラ」であれば、効果を実感できるかもしれません。

レビトラは国内で2番目に認可されたED治療薬です。
バルデナフィル塩酸塩という有効成分が配合されており、強力に勃起力をサポートしてくれます。
バルデナフィル塩酸塩は勃起力を低下させるPDE-5という酵素の働きを、阻害させる効果を発揮する成分です。
PDE-5の働きが弱まる事によって、EDに悩んでいた方でも、スムーズに性交渉を進められるようになります。

他のED治療薬を服用しても効果があまり感じられなかったという方に、なぜレビトラがおすすめなのかというと、即効性の高さが理由にあります。
レビトラは水に溶けやすく吸収されやすいというのが特徴のED治療薬です。
早い方であれば服用してから約20分程度で効果が現れ始めます。有効成分バルデナフィル塩酸塩の血中濃度が最大になるのは、服用後約40分から50分です。
服用してからすぐに効き目が現れる即効性の高さがある薬ですので、ED解消の効果を実感しやすいでしょう。

また、レビトラは食事の影響を受け難いという点も特徴です。
食事のコントロールが上手く行えず、ED治療薬の効果を低下させてしまっていた方でも服用しやすいでしょう。
医薬品に副作用はつきものですが、レビトラの場合は顔のほてりや目の充血、鼻づまりなど軽度な症状ばかりです。
重篤な副作用が起こり難いという点でも、レビトラは活用しやすいED治療薬と言えます。

レビトラを効果的に作用させる方法とは?

強力なED改善効果のある「レビトラ」ですが、効果的に作用させるにはポイントを抑える必要があります。
レビトラを試してみたいという方は、どのようなポイントを抑えれば効果を最大限引き出せるのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

ED治療薬を上手く活用するには、まず服用するタイミングを見極めなくてはいけません。
タイミングがずれてしまうと、いざ性交渉となった時に作用が落ちてしまい、思ったような効果を感じられなくなってしまいます。
レビトラの場合、服用してから約40分から50分で効果が最大となりますので、性交渉を行う約1時間前に服用しておくのがベストです。

レビトラを服用は水にするのが基本ですが、アルコールで服用しても問題は無いと言われています。
アルコールにはリラックス作用があるので、ED改善に対していえば良い効果を発揮するでしょう。
緊張しやすい性格という方の場合、少量のアルコールと一緒に服用すればリラックスして性交渉が出来るかもしれません。
ただし、過度にアルコールを服用してしまうとED改善の効果は低下してしまいますし、副作用を起こす危険性もあるので避けましょう。

レビトラは食事の影響を受け難いED治療薬としても人気です。
1食あたりにつき約700カロリー、脂質の量が約30%の食事であれば服用しても、効果に問題は無いとされています。
ですが、よりレビトラの効果を高めたいのであれば、空腹時に服用するのが良いでしょう。
デートの都合上、食事前に服用しておかなければいけないという場合、食前の約30分前に飲んでおきます。

どうしても食後にしか服用するタイミングが無いという場合は、最低でも食後から2時間程度の時間を空けるのがおすすめです。
揚げ物など脂っこい食事を行った場合は、消化に時間がかかってしまうので2時間以上は空けて服用するようにしましょう。

関連記事

このサイトの情報

カマグラゴールドって知っていますか?カマグラゴールドはバイアグラのジェネリックであり、先発医薬品よりもはるかに安いED治療薬となっています。こちらではカマグラゴールドについて詳しくご紹介していきます。また、ED治療薬にも色々と種類がありますので、カマグラゴールドが効かない方はご紹介していく薬を試されるとよろしいでしょう。

フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード